DUKE。さんと対談をしました

7月に1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術

を出版されるDUKE。さんと、兼業投資家同士の対談をしてきました。

株式投資も不動産投資も、共通することですが、

自分なりの投資ルールを決めて、それを守りながら資産形成していくことが重要だと考えており、

DUKE。さんとも意見が一致しました。

 

会社員をしながらの投資は、いろいろと制約も多いですが、

その分、自分のルールを着実に遂行することに集中できるので、

決して悪いことばかりではないです。

 

献本いただいた1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術

は、大変読みやすく、一気に読み終えました。

過去の投資失敗談から、新高値ブレイク投資術の具体的手法まで、

正直、この価格でここまでの情報を出していいのかな、と思うくらいでした。

 

最近は不動産投資で資産を築いて、それを株式投資に回そうとする人が多く、

私の仲間にも大勢いますので、10冊くらい買って、彼らにプレゼントしようと思います。

 

最近の不動産市況

某メガバンクが、一定の資産基準を満たした富裕層向けに
5年固定0.3%、7年固定0.47%、10年固定0.58%の金利で
アパート購入ローンを出し始めました。

一方で、1棟目の購入に重宝している、アパートローンに積極的な
某東海地方の地方銀行は、すこし融資を絞り始めているようです。

富裕層は物件が買いやすくなり、いままで何とか購入できていた
サラリーマン投資家などは徐々に買いづらくなる傾向が出ています。

物件自体も、富裕層が好む都心物件の価格は全く落ちる気配がありませんが、
地方の物件や築年数が古い物件価格は、価格が下がりつつあります。

株式投資等で資産を築いた方は、
富裕層のアドバンテージを活かして、好条件で融資を引いて都心の物件を購入するか、
手持ちの現金で地方物件や築古物件を買い叩くか、
どちらの投資法もできるようになってきています。